ビットコイン-仮想通貨の安全性

仮想通貨はとても安全性の高い通貨です。

 

と言ってもどのように安全なのかわからないですよね。
ここにビットカジノが提供する安全性についてのわかりやすい動画があります。
まずはご覧ください。

 

 

では仮想通貨の安全性についてさらに詳しく解説していきたいと思います。

 

仮想通貨の安全性を保持する為に必要な基本的な仕組みは
P2P、ブロックチェーン、プルーフオブワーク、採掘、公開鍵と暗号鍵、
電子署名などから成り立っています。
まずそれぞれの意味をご紹介します。

 

P2P

peer to peer、端末から端末への意味です。
数種類のコンピュータ端末が互いに信頼し合い
お互いに協力
し合って作る
ネットワークのことを言います。

 

ブロックチェーン

P2Pの一つです。
統合された台帳に取引の記録をするのではなく、
分散された台帳に仮想通貨取引を記帳する方法のことです。

 

この方法により大型のコンピュータは不要となり、
複数のコンピュータを結ぶことすることで
仮想通貨の取引を実現させています。

 

プルーフオブワーク

仮想通貨の取引に対して
何者がこの取引は適正だと決定するのか
という部分が正しいことを証明するために
ものすごい量の計算という働きをした者に
(発言権=ブロック)を付与するという捉え方です。
「仕事量の証明」という意味です。

 

採掘(マイニング)

上記の「仕事量の証明」をする作業のこと。

 

マイニングは膨大な労力のいる作業なので、
承認作業を行い成功した人には
新たに仮想通貨が付与されます。

 

仮想通貨はこの採掘という作業によって
新規発行が行われます。

 

公開鍵と暗号鍵

仮想通貨の口座のウォレットは
公開鍵と暗号鍵で管理しています。

 

公開鍵は一般的に公開されるもので
仮想通貨の口座番号の作成や
取引情報の特定などができます。

 

暗号鍵はウォレットを操作するための鍵で
暗証番号のようなものです。

 

電子署名

ブロックチェーン上には仮想通貨の持ち主の
電子署名が記録
されています。

 

ブロックチェーンでの電子署名は
秘密鍵を持つ人だけができることです。

 

電子署名が一致した場合に限り
所有者の変更が書き換えられる
仕組みとなっています。

 

 

これらのものが合わさってビットコイン(仮想通貨)は本当に
セキュリティが高く安全性の高いものとなっています。

 

 

 

ところが注意しなければならないのは
「仮想通貨取引所」です。
いくつか事件であったように、
不正アクセスされてコインが盗まれるということもあります。
そういうことを避けるためにも安全な取引所を選ぶ必要があります。

 

安全な取引所とは

 

・不正アクセスされない高セキュリティであること
・万が一不正にアクセスされて被害にあった場合、
 被害を補償する制度がある

 

というところです。

 

最も安全でセキュリティが高く
万が一被害があった場合の補償制度があるところ
日本最大の仮想通貨取引所であるbitFlyer
がお薦めで安心して取引ができます。

ビットコインの価値

ビットコインの素晴らしいところは、365日毎日(24時間)さらに、
世界中どこでも決済することができる点です。

 

法定通貨に於いては、土日祝日などには決済することができず、
時間も日中の特定の時間帯などに限られてしまっていますが
それを気にすることなく利用することができます。

 

決済できるオンラインショップも増えてきていますし、
実店舗でも全国のビックカメラで上限はありますが
利用できるようになりました。

 

これからもますます、身近なものとなって使いやすくなるビットコインです。↓